高松市美術協会について

■高松市美術協会の歩み■

  • 昭和53年 6月 高松市美術協会を設立 加盟25団体
        11月 第5回高松市市民文化祭美術展を開催(栗林公園内の高松市美術館)
           「美術だより」創刊、現在に続く。
  • 昭和54年 6月 第1回「春の美術展」開催(以降平成6年の第15回まで続く)
  • 昭和62年 8月 高松市美術館が現在の場所に新築移転
        11月 菊池寛生誕100年記念行事に作品即売で協力
  • 昭和63年 2月 新築高松市美術館で第15回高松市市民文化祭美術展
  • 平成 6年 6月 「大井戸水神祭灯篭絵」に出品。その後「大井戸絵行灯」に名が改められ、平成27年まで続けて出品。
  • 平成10年 4月 創立20周年記念誌「高松市美術協会のあゆみ」発刊
  • 平成14年10月 「高松市市民文化祭アーツフェスタたかまつ2002」に参加
  • 平成17年10月 第32回高松市民美術展(名称を変更)
  • 平成28年 6月 「高松市市民文化祭アーツフェスタたかまつ2016」に高松市美術協会「秀作展」として参加

■歴代会長・名誉会長 リスト■

初代会長 真鍋照恵(昭和53年〜63年)
2代会長 山下真佐雄(平成1年〜4年)
3代会長 神内景夫(平成5年〜11年)
4代会長 竹内暁月(平成12年〜20年) 名誉会長 神内景夫(平成12年〜15年)
5代会長 豊田郁子(平成21年〜28年) 名誉会長 竹内暁月(平成21年〜28年)
6代会長 中村光幸(平成29年〜) 名誉会長 豊田郁子(平成29年〜)
▲一番上へ戻る